“Music Is My Character”: K-Def 和訳

主に、K-Defの2011年にリリースされたインストアルバム"Night Shift"の当時を語るインタビュー形式の記事の拙訳です。

参照元

medium.com

“Music Is My Character”: K-Def
Night Shiftの制作過程を分析

ベテランプロデューサーはJay-ZのリミックスコンテストからRedefinition Recrds設立までの彼の経験を紐解く。

Lords of The Undergroundの"Chief Rocka"や"Funky Child"、Dr. Dre Presents the Aftermathにてサンプリングされた"Real Live Shit"をはじめとする影響力のある作品を連発した90年代を過ごした後、ニュージャージー出身のK-Defは1997年から2001年の間、音楽産業から遠のいていた。2000年代半ばの復活は、GhostfaceとJayo Felonyへの共演作へと繋がった。しかし、外部の境遇がラップ界からの暫くの離脱を齎した。

2007年に、彼がJay-ZのAmerican Gangsterを聞く時まで、そのベテランプロデューサーはそのスタイルがまだ音楽産業において通用するか、既に過去の物となってしまったのではないか、と自問自答していた。いちかばちか、その答えを知るためにJay-Zのアルバムのリミックスコンテストに応募することに決める。「私は身近な者達に言ったんだ。『見とけよ。やってみるがこれで何も感じなかったら、音楽はスッパリやめる。』と。」彼はみんなを驚かせた。彼のリミックスはトップ5の最終選考に残り、西海岸、ロンドン、日本のアーティストから高評価を得た。

Jay-Zのリミックスコンテストでの経験が彼に新しい活気を与えたが、それまでのラッパー達との宣伝活動に多くの時間を費やし、アルバムの総指揮に試行錯誤することにウンザリしていた。そして、彼はまたプロデューサーとしての存在感を知らしめるために、伝統的なサンプリングとスタジオで培った経験を活かす方向性への覚悟をつける。「この20年間は、機材や巨大なスタジオを扱う、厳しい機械のような男だった。」と自分を説明する。「私には、エンジニアとして培った力で、どんな音が鳴るかを感じ取れる基礎がある。」

20年にも及ぶスタジオの扱いによって熟達した経験で、K-Defは自らの知識を最新のテクノロジーにも応用していった。「年を取るにつれ、Cubase(スタインバーグ社のミュージックシーケンサー)と恋に落ちていった。」Cubaseは彼のお気に入りのままである。プロデューサーの創造性を実現する新しいツールが出ると何でも挑戦することに、K-Defにはプライドを感じている。「これからも、新しいものが出れば何でも試すつもりです。もし、自分が気に入れば、それを使うでしょう。そうでなければ、ゴミ箱に捨てます。」

エンジニアとしての技術と専門的な知識が合わさった、レコードのそれぞれのパートを部分的にサンプリングする能力によって、驚くべき量の楽器のサンプル素材のライブラリーを築いた。「私には、2000年代初期から集め始め4テラバイトにも及ぶ、きっとあなたも欲しがるであろう、素晴らしい楽器のサンプル素材があります。」

技術的な腕を鍛え、音楽のライブラリーを築き、2006年から2010年の間に素晴らしいインストアルバムを複数、世に出してきた成果が最終的にRedefinition Recordsとの関係に繋がるのである。このレーベルで10作以上をリリースしてきたが、レーベルでのデビュー作品、2011年のNight Shiftは彼にとって未だに特別な作品である。音楽的な質と、個人的な裁判と、また別の苦難で、彼は創作活動で困難を極めることになる。「その時期に、私は兄弟を失いました。私の母は、彼の死で酷く落胆し疲れ果て最終的に病気を患いました。あの頃は、明日がどうなるか全く分からない状況でした。私にとって母もまた大切な人なのですから。」

また、Night Shiftのトラックの多くで薄暗い雰囲気を感じるのは、アルバムが出来上がった背景が影響している。「アルバムの大半を屋外で制作しました。夏、冬、秋の事です。私はよくバルコニーにノートPCとヘッドフォンを持ち出してそこでタバコを吹かしながら作業していました。日が暮れ肌寒くなってくると、家の中では吸えないので、外でタバコを吸います。それが暗さの要素でした。」

K-Defにとって、その事が、人生で経験したすることの反射がアルバムになるのだと理解した。「音楽が私の個性です。感情的に経験したり、感じたり、考えたりしている物はいつでも、私の音楽に現れます。」

Night Shiftの大半はインストであるが、アルバムの序曲"Escapizm"(K-Defが敬意を払うことを惜しまないPete Rock & CL Smoothの楽曲"Escape"のカバー曲)では、その楽曲を制作している事を知ったRob-O(Pete Rockと長い間、共同制作していたラッパー)がラップを加える機会に恵まれる。「私自身、Pete RockとRob-Oの作品が大好きでした。Rob-Oからアルバムに参加したいとの申し出があった時に、既にライムを書いていたなんて知りませんでした。しかし、それが素晴らしくて、アルバム全体の雰囲気に見事に合っていたのです。」

"Escapizm"での、彼の誇りをかけた挑戦は、Pete Rockの天才的な原作を想像させてしまわないようにすることだった。「オリジナルの"Escape"は誰にも触れられない高みにあります。どうやってあのハイハットを鳴らしたのか、どのようにBretheren "Outside Love"のドラムにフィルターをかければあの音が鳴るのか、どうすればあの風合いを醸し出せるのか。」

プロデューサーは何人たりとも困難なジレンマから逃れられない。K-Defはサンプリング素材に手を加える新しい方法を見つけるために、深く掘り下げた。「私はトリックを超えたトリックを使います。あなたが入念に聴いたレコードでも、部分的に再生させる事ができます。フィルターは使いません。普段通り再生しつつ、しかしホーンだけ取り除いて再生することができる。もちろんステレオで。」彼は、元のサンプルに新しい手触りと活気を与えることができるという能力は、やはりエンジニアとしての経験から来るものだとしている。「私には他の誰にもできない事ができる。」

K-Defの個人的なお気に入りは"Supa Heath"と、Raw Poeticのラップがのった"Night Owls"、もしくは"Bird Flying High"だと言う。彼は、Night Shiftはドライブ中に聴くことを勧めている。そしてNight Shiftからのリリースは2桁にも及ぶが、まだゆっくり休憩するつもりはないようだ。「永遠に終わることはない。創造性と着想は無限にある。私達の周りのテクノロジーに関しても。」

ニュージャージー生まれのこのプロデューサーはシーンを25年以上見てきたが、未だ音楽への活気と熱意は、始めたころと変わらない。「年はとったが、自分の魂には若さを感じている。」と彼は語る。